Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

アマラプラ (Amarapura) = マンダレー周辺

login

MYANMAR

ミャンマー

マンダレー (Mandalay)

アマラプラ (Amarapura) = マンダレー周辺
アマラプラ (Amarapura) = マンダレー周辺

マンダレーの南約11kmに位置する古都アマラプラ。イラワジ川とタウンタマン湖に囲まれたこの街はパーリ語で(不死の町)という意味を持つ。1783年にボードーパヤー王によってインワから遷都が行われたが、その40年後にバージードー王によって都はインワに戻された。その後、1841年になってターラーワディー王が再びアマラプラへと遷都し、1857年にミンドン王によってマンダレーへの遷都が決められた。80年足らずの間に4度も遷都が行われました。現在のアマラプラには都としての面影はほとんど残されていませんが、当地で是非訪れたいのが、160年前にタウンタマン湖に架けられた全長1200mのチーク材のみで建造されたウー・ベイン橋(U Bein Bridge)。そして、約1500名の僧侶が修行生活を行っているミャンマー最大規模のマハーガンダーヨン僧院(Mahagandhayon Kyaung)では、毎日10時15分から僧侶たちが一斉に食事をする光景を見ることできます。





ミャンマー情報

一覧へ

バガン (世界三大仏教遺跡のひとつ.....)
バガン (世界三大仏教遺跡のひとつ.....) [バガン (Bagan)]

カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールとともに、世界三大仏教遺跡のひとつと...

ニューカレドニア・ミャンマーの現地手配はお気軽にご相談ください

CONTACT US

受付時間 9:00-18:00[平日]

旅行業界関係者の皆さま専用

株式会社 ランドコミュニケーションズ・ジャパン

東京都渋谷区千駄ヶ谷2-9-12
千駄ヶ谷ルーテルハイツ3階 301号